対人恐怖の原因と楽になる道筋を解説します

こんにちは、心理カウンセラーのたかむれです。

カウンセリングをやっていますと、
対人恐怖のテーマでお越しになる方も
結構いらっしゃいます。

対人恐怖があると、
人がいるだけでプレッシャーを感じ、
いたたまれなくなってしまいますよね。



それはとても辛いこと。

なぜなら常に批判的な視線を
浴びている感じですから。



そして、萎縮ばかりに
なりがち。

常に緊張し、
余裕がなくなってしまいますよね。



woman-933488_1920



この対人恐怖の原因のひとつは
過去のトラウマ、
そしてもうひとつは
心自体の強度不足の可能性が高いです。

つまりトラウマに由来する
ネガティブな思い込みに加え、
人に会うこと自体、刺激が強すぎて耐えがたい
という要素があります。



その場合、
取り組む順番が大切。

最初にトラウマや
それに付随する思い込みにアプローチするのは
負担が大き過ぎます。



ただ苦しいだけで楽にならず、
かえって悪化することも。

最初は心の強度を高めるアプローチ、
次にトラウマや思い込みにアプローチする方が
安全ですし、無理がありません。



もしかしたら手順が増え、
まどろっこしく
感じるかもしれませんね。

でも実際は、この順番で進める方が
早く楽になることがほとんど。



なぜなら心の強度が不十分な状態で
トラウマ記憶を取り扱うと
耐えきれず意識が飛んでしまうから。

当然辛い感情は
解放されません。



セッション時間内に、
楽にならないことも。

でも心の強度が十分だと、
辛い感情も楽に解放されます。

心に余裕、ゆとりが持て、
自然治癒力も
働きやすいからです。



この心の強度を高めるアプローチを行うと、
集中力も上がってきます。

それは現場の中で開発を進め、
シンプルな運動と
身体の観察を同時に行うもの。



その際、
ちょっとしたコツがあります。

このコツがつかめると
今ここで起きていることに
意識をフォーカスできるようになります。



それは心の安定と、
丈夫さにつながります。

実際、このアプローチを行った方から
次のような感想をいただきました。



・思った以上に頭が静かになった。

・やる前は睡魔に襲われていたが、
 目が覚めてきた。

・あちこち思考が飛んでいたのが
 落ち着いてきた。

・より深いリラックスが得られ
 腕が今までになくしなやかになった。

・すごく楽になってきた。
 いい感じ。



このアプローチを行うと、
リラックス感と集中力。

この2つのバランスが取れ、
とてもいい心の状態になります。



この段階をていねいにやるだけで、
対人恐怖が楽になることすらあります。

さらに進めたい方は、
ここから過去の記憶や思い込みに焦点を当てた
アプローチに入っていきます。



その際も、心が整っているので、
感情解放や思考の書き換えも、
とてもスムース。

心が楽に、
自由になっていきます。



この辺の作業を、
集中的に取り組んでみたい方は
4月中でしたら
ゆとり系トラウマ解消コースがお勧め。

対人恐怖に最適の流れで
セッションを進めていきます。



・ゆとり系トラウマ解消コース(限定5名)
 時間:50分 (全6回 月2回ペースで3ヶ月間)
 価格:59,800円
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/1047



最後までお読みいただき、ありがとうございます。




メルマガ


カウンセリングメニュー

プロフィール

・アマゾンランキング「臨床心理学・精神分析部門」「脳・認知症」2部門で1位獲得!
高牟禮(たかむれ)の本"理由のない不安"を一瞬で消す方法(主婦の友社)
⇒ http://amzn.to/2mxV4DO

・心が楽になる~感情チェック&アドバイス(無料) ⇒ http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/7

コメントを残す

このページの先頭へ