うつ病 何もしないと漠然としたイヤな気分になります




こんにちは、心理カウンセラーのたかむれです。
 
うつ病は何もていないと、
漠然としたイヤな気分がどんどん出てきて
辛くなってしまうことがあります。



当然それを感じたくないので、
紛らわせるために、
気がついたらどんどん活動してしまいがち。

無理に頑張る形で。



でもそれは、
心や身体に負担をかけますので、
うつ病のさらなる悪化につながります。

うつ病は、
まずは休むのが回復する上で大切。



でもこれが、
難しいんですね。

私もこういったアドバイスをすることは、
多いです。



そしてクライエントさんは、

「どうやってゆっくりすればいいんですか?」

とおっしゃる方が多いです。



それは無理もないところが、
あります。

仮に身体を休ませたとしても、
精神的には漠然としたイヤな気分が出てくるわけですから、
気持ち的にゆったりもリラックスもできません。



vortex-146129_640



そうるといたたまれなくなって、
活動する方にいってしまいがち。

でもまず必要なのは、
身体のレベルでゆっくりすること。



精神的に穏やかにならなくても、
かまいません。

それは辛いことは、
わかります。



でも動き回るよりは、
はるかに回復につながるという事実があります。

心情的には、
なかなか納得しづらいところはあると思います。

ですからまずは理屈として、
こういった道筋が回復につながることを、
知っておいていただければと思います。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。





■無料メールセミナー「対人恐怖を楽にするために知っておきたいこと」(全7回)

 対人恐怖の克服は、自己流では難しいことがほとんどです。
 そこで対人恐怖を克服するヒントになる内容を動画と解説文で
 わかりやすくお伝えするメールセミナーを作りました。
 興味のある方は、下記リンクからご登録ください↓
 ⇒ http://www.reservestock.jp/subscribe/52168




カウンセリングメニュー

プロフィール

・メルマガでは、より掘り下げた内容をお伝えしています(無料)。 ⇒ http://www.reservestock.jp/subscribe/1935

・心が楽になる~感情チェック&アドバイス(無料) ⇒ http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/7

コメントを残す

このページの先頭へ