「べき思考」を解放し緩やかな自分になる



こんにちは、心理カウンセラーのたかむれです。

「べき思考」というのは、
自分の中で「〜しなければならない」「〜すべき」というふうに、
ある種自分の中でこだわっている状態のことです。


「べき思考」があると、
いつも追い詰められている状態になるので、
焦り、不安、「うまくやれていない」という不全感が慢性的になります。

それが実際の成果につながればいいんですけれど、
ほとんどの場合、空回りして疲れて、そのままというケースがほとんどです。


この強いこだわりは「あるべき状態」を現状に突きつけ、
否定する、批判する、圧力をかけるという形で働きます。

だから、とても苦しくなります。


この状態からの努力は成果も上がりにくいですし、
上がったとしても認めないことが多いので、

「報われない」

「全然成果が出ない」

と自分を悪い方に悪い方に追い詰めがちです。


この悪循環を食い止めて流れを変えるには、
まずは小さい成果でも認める。

あるいはすでにある成果を見つけて、
「ほめる」「ねぎらう」ができるといいです。

例えば、

「本当によくやっている」

「すでによくやっている」

「○○ができた」

「ちゃんとできている」

といった言葉がけを、
自分自身に対してていねいにやってあげましょう。

最初は違和感があって響かないかもしれません。

それは本来は栄養となる言葉に対して
アレルギー反応が出ているんですね。

ストイックになり過ぎているんです。

それでも栄養になる言葉を使っていくと、
徐々にほぐれて吸収できるようになってきます。

そうすると、現状のあるがままの自分を認める、
肯定する状態になってきますので、
楽になってきます。

でも何もしないわけではなく、
自分の力を取り戻し、肯定できたところから、
より望ましい状態に向かって進んでいきます。

健全な向上心に変わっていきます。
この流れのほうが成果も上がりやすいです。

少しずつこのような心の習慣を、
身につけることをお勧めします。

ご参考になれば幸いです。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。


・メルマガでは、より掘り下げた内容をお伝えしています(無料)。 ⇒ http://www.reservestock.jp/subscribe/1935

・心が楽になる~感情チェック&アドバイス(無料) ⇒ http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/7

コメントを残す

このページの先頭へ