許せない人がいて、しょっちゅう思い出しイライラします

こんにちは、心理カウンセラーのたかむれです。

誰でも程度の差はあれ、
許せないと思ったことはあるかと思います。



それが一時的なものであればいいのですが、
ずっと続くこともあります。

それこそ何年経っても
弱まらないほどの。







その当事者とはすでに接点もなく、
二度と会うことはないとわかっている。

それで時々思い出し、
イライラしてしまう。



それは理屈的には、
自分にとって
デメリットしかありませんよね。

でも続いてしまう。

やめられない。



時には積極的に許したくない、
とすら思ってしまう。

こういったお話を聞いていると、
その方から、
深い傷つきが伝わってきます。



それは多くの場合、
期待に応えてくれなかった。

裏切られたという
思いと関係しています。



もっと○○して
もらいたかった。

□□であるべきだった。

なのに・・・



許せなさの背後には、
その人に対する怒りがあります。

さらに奥には、
期待に応えてくれなかった悲しみ、
傷つきがあります。



つまり、とても大きな、
喪失体験を伴っているんですね。

だからこそ
許せない。



この状態って、
辛いですよね。

しょっちゅうその人のことが
蘇ってきて、その怒りは、
時として身悶えするほどのものになる。

それが長年に渡って続いたり、
するわけですから。



そんなとき、
単に「許しましょう」と言われても、
拒絶反応しか出ません。

「何もわかってない」という思いと、
激しい怒りしかないでしょうね。



それだけ深い傷つきが
あります。

だからこの傷は時間をかけ
修復していく必要があります。



心の傷が修復されてくると、
強かった期待が、徐々にではありますが、
あきらめに変わっていきます。

それに伴い、
許せなさも弱まっていく。

こういった過程が必要。



「絶対に許せない」と思っている人に対しては、
無理に許そうとしないほうがいいです。

表面的に思い込ませようとしても、
違和感しか出てきません。



なぜなら心の傷が深いから。

この傷の存在に気づき、
認めることは、
それだけでも大変なこと。



そして傷を修復していくのは、
さらなる時間と手間暇が必要です。

ゆっくりじっくり進めていくことを
お勧めします。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。





■無料メールセミナー「対人恐怖を楽にするために知っておきたいこと」(全7回)

 対人恐怖の克服は、自己流では難しいことがほとんどです。
 そこで対人恐怖を克服するヒントになる内容を動画と解説文で
 わかりやすくお伝えするメールセミナーを作りました。
 興味のある方は、下記リンクからご登録ください↓
 ⇒ http://www.reservestock.jp/subscribe/52168




カウンセリングメニュー

プロフィール

・アマゾンランキング「臨床心理学・精神分析部門」「脳・認知症」2部門で1位獲得!
高牟禮(たかむれ)の本"理由のない不安"を一瞬で消す方法(主婦の友社)
⇒ http://amzn.to/2mxV4DO

・心が楽になる~感情チェック&アドバイス(無料) ⇒ http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/7

コメントを残す

このページの先頭へ