対人恐怖があると、仕事にもマイナスの影響が

こんにちは、心理カウンセラーのたかむれです。

仕事のストレスは、
その内容もさることながら、
人間関係も大きな要素。



コミュニケーションがうまくいかないことで、
うつ病になることすらあります。

ここに対人恐怖のテーマが重なると、
そのストレスはさらなるものに。



なぜならばコミュニケーションがうまくいく、
いかない以前のテーマが加わるからです。

例えば仕事を依頼された時、
その内容がよくわからなかったとします。



当然再度
確認する必要があります。

でも対人恐怖があると、
それが猛烈なストレスに。



ただでさえ怖いのに、
分からないことを聞くのは、
それこそ清水の舞台から
飛び降りるくらいの覚悟が必要だったりします。

ついそのまま、
自己判断で仕事を進めてしまったりします。



当然仕事にズレが生じ、
周りの信頼関係を損ないやすい。

するときつく注意されるといった、
より対人恐怖を増幅するような結末になることも。



するとさらに怖くなり、
ますますコミュニケーションを取ることなく、
仕事を進めがちになる。

この悪循環から
抜け出す必要がありますね。



そんなとき、
よくあるのがコミュニケーションスキルの
トレーニングを受けること。

しかし問題は、
コミュニケーション以前のところにあります。



声をかける勇気すら持てず、
ひとりで仕事を進めてしまう、
という問題です。

ここをクリアするには、
どうすればいいのでしょうか?



それはやはり
対人恐怖そのものを和らげること。

恐怖が小さくなれば、
人に話しかける余裕が
持てるようになります。



それだけでストレスは激減。

まずはここから初めていくことが、
大切です。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。







■無料メールセミナー「対人恐怖を楽にするために知っておきたいこと」(全7回)

対人恐怖の克服は、自己流では難しいことがほとんどです。
そこで対人恐怖を克服するヒントになる内容を動画と解説文で
わかりやすくお伝えするメールセミナーを作りました。
興味のある方はご登録ください

・アマゾンランキング「臨床心理学・精神分析部門」「脳・認知症」2部門で1位獲得!
高牟禮(たかむれ)の本"理由のない不安"を一瞬で消す方法(主婦の友社)
⇒ http://amzn.to/2mxV4DO

・心が楽になる~感情チェック&アドバイス(無料) ⇒ http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/7

コメントを残す

このページの先頭へ