カウンセリング、セラピー業界で、あまり知られていないコンセプト

こんにちは、心理カウンセラーのたかむれです。

カウンセリング、セラピー業界で、
あまり知られていないコンセプト。



それは「かかえる」ということ。

辛い感情があったとき、
それをリリースするわけでもなく、
思考を書き換えるわけでもなく、
ある種寄り添うわけでもない。



じっとかかえて、
見守る。

この切り口は、
セッションの現場で、
非常に大切。



クライエントさんが混乱していたり、
強い感情に圧倒されていたり。

すると当然カウンセラー、セラピストも、
圧倒されやすい。



すると自分の知っている技術を駆使して、
この困難を打開しようとしがち。

ただ多くの場合、
それはクライエントさんをいい方向に、
導くことはありません。



苦し紛れに過ぎないことが
多いから。

この難しい局面で、
一番大切なのは、
カウンセラー、セラピストがどんと構え、
受け止めること。



抱えること。

精神的な力仕事ですね。



これが最初にありきと
思います。

もちろん、精神論だけで通用するほど、
現場は甘くありません。



この「抱える」というあり方をベースに、
理にかなった介入をしていく。

だから私は、
技術的な探求も熱心です。



あり方と技術。

この両者のバランスが大切ですね。

そんなことを意識しながら、
日々セッションをしています。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。









■無料メールセミナー「対人恐怖を楽にするために知っておきたいこと」(全7回)

 対人恐怖の克服は、自己流では難しいことがほとんどです。
 そこで対人恐怖を克服するヒントになる内容を動画と解説文で
 わかりやすくお伝えするメールセミナーを作りました。
 興味のある方はご登録ください

・アマゾンランキング「臨床心理学・精神分析部門」「脳・認知症」2部門で1位獲得!
高牟禮(たかむれ)の本"理由のない不安"を一瞬で消す方法(主婦の友社)
⇒ http://amzn.to/2mxV4DO

・心が楽になる~感情チェック&アドバイス(無料) ⇒ http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/7

コメントを残す

このページの先頭へ